車売却【高額査定を勝ち取る3つのポイント】

車の高額売却は複数査定でいい会社を見つけること

車を高額で売却するには複数社での査定が必要です。

車を売却する一般的な方法として「車下取り」と「車買取」があります。車下取りは、新車購入時に旧車を同じ店舗(ディーラー)で引き取ってもらうことです。この時、新車購入代金の一部として愛車の下取り価格が充当されます。新車購入時には、同じ店ですべての手続が可能なので事務手続き等の手間がかかりません。ただし、ディーラーは各メーカーが営業していることがほとんどで、他社の車の場合は評価額が下がる場合が多いです。そして、もう一点知られていないことが「装備品で評価が上がらない」ことです。ディーラーではノーマル基準で査定するので、ハンドル、マフラーやホイールなど(他にもアルミ、ウーハー等も)購入後に高額の社外品を取り付けていても、これがプラス査定になることはまずありません。オーディオ、カーナビ、サンルーフ、ETCなどの純正品を購入時にオプションとして取り付けている場合は査定額があがる可能性があります。取り外した純正品があるならば、下取りの場合純正品に取り替えてから査定を受けたほうが高額になります。

逆に車買取専門店の場合はドレスアップされた車を下取りよりも高額で売却できる場合があります。これは、カスタム車の取り扱いが得意な車買取会社の特徴です。純正品が残っている場合は、純正品に取り替えた場合の査定額を確認することもできます。

中古車を高額で売却するには、やはり複数の会社で買取査定してもらうことが重要です。先ほど一例として挙げた「ドレスアップ車」の他にも、車の査定額は様々な要素で決まります。もちろん、車種や年式によって基準額はあります。ただし、各査定会社によって販売先が異なっていたりなどの理由で査定額に開きが出ます。既に車を探しているお客さんを抑えている会社の場合、今すぐにでも中古車を購入できれば利益があがるので、少し無理をしてでも査定額をあげてきたりします。車を少しでも高額で売却するには、査定額を上げるトーク以外にもこういったタイミングも非常に重要ですので、査定は複数社で実施してください。

複数社で査定を実施するには無料一括査定が便利です。無料一括査定を利用すると、提携している車買取業者に一斉に車の買取額見積が依頼されます。その中で、依頼された車を買取りたい会社の買取価格を比較することが可能になります。大きな車無料一括査定サービスにはガリバー、カーセブン、アップル、ラビットなどテレビコマーシャルでもおなじみの大手企業が参加しているので、全国各地どこでも複数社からの査定を受けることができます。また、サービスにより、参加企業が異なるので複数のサービスで同時査定を行うことで、より多くの買取業者で価格を比較できます。

このページの先頭へ